飲みやすい青汁

味わいを時代に合わせた青汁

口コミでは苦手な方が多い青汁ですが、えがおの青汁であればゴクゴク飲めると言われ、販売実績数を増やしています。 口コミ評価を高めている味への探求心はこれまでの歴史からも垣間見れており、農薬や化学肥料を使っていない素材選びをはじめ、国内生産にこだわることで品質管理を徹底しています。 さらにえがおの青汁の長きにわたる歴史の中でも、時代に合わせた変遷も垣間見れています。口コミで支持されている飲みやすさを追及し、老若男女問わず美味しく飲める青汁にするべく、風味豊かに仕上げてくれています。 青汁は青臭いと言われている草のイメージが付いていますが、えがおの青汁は抹茶をプラスすることでお茶感覚で飲むことができる味わいに変えています。

ニーズに合わせたフレーバーが発売

甘味さえ感じられると口コミで人気のえがおの青汁は、一般的には粉末を水や牛乳などに溶かして飲む摂取方法です。ですが今後の動向としては、水などで割るだけではなく、多くの方々に青汁の良さを知ってもらうための試みが増えてくると考えられます。 例えば、粉末青汁を様々な料理にプラスするレシピが考案されたり、粉末タイプよりも手軽に摂取しやすいタブレットタイプやゼリータイプなどが開発されると予測ができます。 さらに大麦若葉やボタンボウフウ粉末だけで作ってきた青汁ですが、フルーツ果汁やフレーバーをプラスさせ、様々なニーズに合わせた味を開発することも予測ができます。 現在は抹茶味のみですが、フレーバーが増えることで幅広い年代が利用できると考えられ、その動向に業界全体が注目しています。