手術によって鼠径ヘルニアが治っても油断大敵

手術によって鼠径ヘルニアが治っても油断大敵

レディ

手術から退院まで約2日

鼠径ヘルニアがカントンを起こす前に手術が必要になりますが、入院してから約4日で退院できるので、早めに相談して手術を受けてしまいましょう。
腹腔鏡手術が行なわれることが多いのですが、全身麻酔を受けることになります。手術は3時間以下で終了することが多いです。

女性

再発する確率は手術法によって変化する

この手術ですが、方法はいくつかあります。この方法によって再発率は変化してくるので、事前に説明があるでしょう。
メッシュを使用せずに鼠径ヘルニアを手術した場合は、何年後かにヘルニアが再発することがありますので、定期的な再診が求められます。

メンズ

トレーニングと食事の改善

筋膜が弱っている人が鼠径ヘルニアになりやすいので、また違う箇所に鼠径ヘルニアが出る可能性も少なくありません。
再発防止のためには筋力を鍛えることも大切ですが、お腹に圧力がかからないようにするためにも肥満にならないようにしましょう。職業柄なりやすい人もいるので、気を付けなければなりません。

鼠径ヘルニアになりやすい人

  • 中高年男性
  • 乳幼児
  • 便秘症の人
  • 肥満の人
  • 前立腺肥大になっている人
  • 喫煙者
  • 妊婦
  • 重たいものを持ち運びする人
  • 立ち仕事の人
  • スポーツ選手