下肢静脈瘤の診断はどのように行なわれるのか調査

病気にならないのが一番

頼りになるかかりつけ医もいて、医療技術も進化しているので、もし病気になったとしても安心して暮らせます。しかし、やはり病気はならないに越したことはありません。下肢静脈瘤も予防できるのでチェックしておきましょう。

下肢静脈瘤の予防のために普段からできること

患者

マッサージ

脚の筋力が弱っていたり、動かないことが下肢静脈瘤の原因になります。予防のためにはマッサージも有効な手段です。マッサージは座って行ないましょう。手のひらで足の指から膝までさするように行なうだけでも十分です。

運動をする

全身を使った運動をすることで、脚の筋肉が動かされ、脚の血管の循環を良くしてくれます。下肢静脈瘤が起きる原因は筋ポンプが弱まることですので、プールを歩いたりウォーキングをしたりすると予防に効果的といえます。

食事内容の改善をする

肥満の状態でいつづけると、脚への圧力も高まってしまい、むくみも生じます。運動をプラスして食事内容も改善し、体重コントロールをすべきです。また、ポリフェノールの摂取が静脈を健康にしてくれるので活用しましょう。

長時間の立ち仕事をしない

長時間の立ち仕事や、高齢者による長時間のパソコン作業は血管に異常をもたらすことが分かっています。仕事でどうしても立ち仕事が多くなる場合は、弾性ストッキングを着用することで下肢静脈瘤を予防できます。

下肢静脈瘤の診断はどのように行なわれるのか調査

ドクター

脚に症状が出たらすぐに診察を受けよう

下肢静脈瘤になったとしても、ただちに命に関わる問題が生じるわけではありません。しかし、だからといって病院に行くのを先延ばしにしないでください。脚のだるさやむくみは変形性膝関節症などの他の病気で起こる可能性もあるため、プロによる正しい診断が必要です。

看護師

症状についてメモをとる

下肢静脈瘤の手術や診断をしてもらえる名医や病院があるので安心です。こういった名医がいる病院はインターネットでも検索することができます。分からない場合は血管外科に出かければ診断はしてもらえます。
受診の前には脚にどんな症状がいつから起きていたのか、痛みやかゆみ、だるさを感じる時間帯はいつなのかを細かく思い出し、メモをしておけば診察に役立つでしょう。

最適な治療法を見つけるために必要

すぐに病院に行って相談する必要があるのは、その人にとって最適な治療法を見つけるためです。年齢によっては、早めに治療をしなければいけないケースも多いため、早期の診察が必要なのです。