血液の改善

高血圧のリスクと対策

ストレス社会における高血圧は老若男女問わずに起こりやすく、また血圧が高いと成人病発病の非常に危険なリスクをはらんでいます。例えば脳梗塞や心筋梗塞などの後遺症が残ってしまう恐ろしい病気がそれらにあたります。 血液は何らかのストレスや食事などの不摂生により、ドロドロの血液となり血液がスムーズに体に流れなくなります。血液が体にスムーズに流れなくなると、無理に血液を流そうとする力が働き、その結果高血圧に繋がるということです。また血液中の塩分濃度が高いと浸透性の問題から血圧が高くなると実証されています。以上のことを踏まえて高血圧にはきちんとした塩分を控えた食事療法を行って、ドロドロ血液を改善するためにこまめな心肺機能を鍛えるための運動が必要不可欠といってもよいでしょう。

ドロドロ血改善のための行いは

ドロドロ血を予防するためには塩分を控えめにした食事療法がよいと上記で述べましましたが、ここ最近では醤油や味噌でも極力塩分を抑えてある減塩醤油や減塩味噌汁などもあるので、それらの利用が食事療法によいといえます。また塩分がふんだんに使用してあるスナック菓子などは血圧が上昇する原因因子になるので、控える方が無難です。 血液サラサラには利尿作用のある果物も効果的です。例えばリンゴやスイカなどに含まれるカリウムは体の余分な塩分を排出する働きがあるので、積極的な摂取がよいといえます。 前述の果物の食事療法とともに日々、有酸素運動を行うことも高血圧改善に役立ちます。ランニングやジョギングなどに抵抗のある人であれば、ウォーキングで構いません。とにかくコツコツ続けることが高血圧予防に大切といえます。